蓄熱式脱毛とはどのような脱毛方法か。その痛みやメリット・デメリットなど

蓄熱式脱毛

医療脱毛において、蓄熱式脱毛と呼ばれる画期的な脱毛方法が注目されるようになってきました。
これまで脱毛というとクリニックで強いレーザーを照射し、毛根を破壊するという方法が一般的でしたが、この蓄熱式脱毛というのは少し違いがあります。

蓄熱式脱毛とは

蓄熱式脱毛というのは、発育因子であるバジル領域を攻撃する方法で、毛の毛根を破壊するという方法ではなく、
発育を促す部分へ打撃を加えることで、成長を抑えるというものです。このバジル領域と呼ばれる部分を破壊すると、毛の発育の指令が出ないために、毛が伸びてきません。
そしてこのバジル領域というのはどこかというと、毛根よりももっと表面の部分であり、真皮層の部分にありますので、そこに熱を加えることで効果を出します。
そして体の内部に熱を蓄積させて、少しずつ毛根部にもダメージを与えていくことになります。

蓄熱式脱毛だと痛みが少ない

従来型のレーザーの場合には、強いレーザーを照射しないとなかなか効果が出ず、これができるクリニックでは痛みを伴うケースが多いです。
毛根という奥深くを照射するというのは肌にも負担をかけることになるのです。
一方でバジル領域に熱を加える蓄熱式脱毛は、毛根よりも浅い部分ですので、そこまで強いレーザーを当てる必要がありません。
よって痛みが出にくくなります。そして温度は毛根破壊のためのレーザーは200度にも達するほどですが、
蓄熱式の場合には、わずか60度ほどであり、やや熱くなってきたと感じる程度なのです。肌への負担も少なく痛みは出にくいのです。
そしてこの程度の温度で、十分にバジル領域を攻撃できるので、毛の発育命令を出さないようになります。

蓄熱式脱毛のメリット

蓄熱式脱毛にはメリットがたくさんあります。これまで論じてきたように、強いレーザーが必要ではないために、痛みが出ない、その怖さがなくなります。
特に女性にとって、脱毛治療の痛みがつらくて止めてしまう人もいるくらいですので、この痛みが出ないというのは大きなことではないでしょうか。
また、当然肌へのストレスが減ることにもなります。特に敏感肌やアトピーを煩う人には、肌への負担が少ないこの方法はありがたいことでしょう。
また従来型のレーザー照射は黒い色に反応するために、リゾート地での旅行で日焼けをしてしまうと、脱毛ができず、
日焼けが収まるまで待つことが必要でしたが、この蓄熱式の場合には、日焼け肌でも脱毛ができるというメリットがあります。
熱が低いので可能であり、色黒い肌でも火傷のリスクが少ないのです。

蓄熱式脱毛のデメリット

蓄熱式脱毛のデメリットとしては、毛根を破壊する方法ではないために、ある意味で物足りなさを感じるかもしれません。
温度の高い熱を皮膚に当てられている感じで、本当にこんな感じで効果があるのかと疑いたくもなります。
それに毛根破壊と違い、目に見える効果が出るにも時間がかかるというのは、ややすぐに結果が欲しい人にはストレスになるかもしれません。
とはいえ長い目で見てトータルでの効果という面では、強いレーザー脱毛と変わらないほどの満足度を得ることができるでしょう。また低温とはいえ、60度前後のレーザーを重ねて照射ですので、痛みが絶対に出ないとは言い切れません。場合によっては、人により痛みを感じる可能性もゼロではありません。

【まとめ】蓄熱式脱毛のメリット

このように蓄熱式脱毛にはデメリットよりもメリットの方が多いことに気がつくことでしょう。
それで蓄熱式脱毛を選ぶ人たちが確かに増えていますし、これからさらに普及する可能性を秘めています。
とはいえ自分に合った脱毛方法を選択したいものですし、その選択肢の1つとして蓄熱式脱毛は必ず候補に入ってくることでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ