医療クリニックのレーザー脱毛機の種類を紹介!

脱毛機

医療クリニックと言えば、近年はほとんどの施設でレーザー脱毛機による脱毛を行っています。
実際に医療クリニックと言えばレーザーというイメージを持っている方も少なくありません。
そんなレーザー脱毛機も実は大きく分けていくつかの種類に分けることができるのです。
そんな医療クリニックで利用しているレーザー脱毛機の種類について紹介していきます。

熱破壊式ヤグレーザー脱毛

最初に紹介するのは熱破壊式ヤグレーザー脱毛です。到達する深さが特徴のレーザーと言えます。
波長の長いレーザー(1064nm)を使用したレーザー脱毛で、メラニンへの反応は平均的な医療脱毛と同じなのですが、波長が長い分深部にまで浸透し、毛根の毛母細胞や毛乳頭と言った発毛因子をより確実にレーザーの熱で破壊することが期待できるレーザーです。
対象は、主に毛質が硬い傾向の方、狭い範囲の部位に対して用いられます。
マイナス面としては、産毛への反応が鈍く効果が期待できないこと、痛みが強いため麻酔が必要なこともあるといったものです。
効果が高い反面、痛みなどの弱点もあります。
このレーザーの名前の由来ですが、イットリウム・アルミニウム・ガーネットと呼ばれるガーネットの一種を用いたレーザーという意味の英語の頭文字を取って(YAG)と言われています。
刺激の少ないレーザー脱毛方法とミックスして利用されることが多い種類です。

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛

近年注目されているレーザーがこのタイプです。
表層を狙って、熱を持たせないことで痛みを少ないというのが特徴で、毛根を破壊せずに主に毛母細胞に作用すると言われているバルジ領域を加熱し効果をなくすことをおこなうという発想のレーザーと言われています。
ダイオードレーザーを用いるという仕組みの他、そのレーザーの出力を低めにコントロールした形で連続的に照射する仕組みも採用しています。
これらの仕組みによって、広範囲に重ね打ちを行う独特の照射方法を取ることができ、全体的にまんべんなく脱毛できると言うメリットを生み出しているのです。
さらに日焼け肌やうぶ毛の脱毛もできることから、従来のレーザー脱毛で脱毛が難しい条件や対象に対しても脱毛を期待できるという点で、多くの脱毛クリニックが採用しています。
従来のレーザーと異なり、効果に時間差が現れるため、施術後数日してから毛が抜けていくという反応を見せることがあるというのもこのタイプの特徴です。

熱破壊式アレキサンドライトレーザー脱毛

現在最も多くの医療脱毛の現場で使用されており、主流となっているレーザー脱毛です。
バランスの取れた性能が特徴で、効果もあり、範囲も広めに行えるタイプでもあります。
更に特長としてメラニン色素を破壊する作用もあるため美肌効果も期待できると言うのが特徴です。
ただ、弱点もあり、うぶ毛や白髪などにはあまり効果が期待できません。
さらに照射に技術がいるため、未熟な技術では、打ち漏らしなどで脱毛がまんべんなく行えない場合もあるという側面もあります。
仕組みの特徴としては、天然の宝石アレキサンドライト(エメラルドに似た色が様々に変わる宝石)を使用していることです。

熱破壊式ダイオードレーザー脱毛

比較的広範囲にレーザーを照射することができるレーザー脱毛機です。
痛みも少ないことから、レーザー脱毛機の組み合わせとして頻繁に利用される機器でもあります。
こういった特徴がありますが、注意点としてうぶ毛や白髪には効果が出にくいと言う弱点や日焼け肌にも良く反応してしまうことで日焼け肌には照射できないというものが挙げられるレーザーです。
こういった弱点もあるため、基本的にほかのレーザーとの併用で利用することが少なくありません。

おすすめ記事:永久脱毛大阪なび!大阪でおすすめ医療クリニックをランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ